スマホ決済 最新ニュース

iPhoneで東急カードとPASMOの使い方は?メリットは?解説!

2021年1月10日

iPhoneで東急カードとPASMOの使い方は?メリットは?解説!

電車やバス、さらには買い物などでPASMOを使用している人は多いのではないでしょうか。

PASMOは2020年10月からApple Payでも利用できるようになったため、iPhoneユーザーのPASMOの利便性が向上しました。

この記事では、東急カード「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」とiPhoneのPASMO組み合わせのメリット、デメリットについて解説します。

東急カード「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」についてこちらで詳しく解説しています。

東急カードとiPhoneの利用方法から見たい方はこちらをクリックしてください!

東急カード所有者、iPhoneユーザー、PASMOユーザーはぜひ参考にしてみてください。

Apple PayでPASMOの利用が可能に!

Apple PayでPASMOの利用が可能に!

2020年10月からApple Payで交通系ICカードのPASMOが使えるようになり、iPhoneユーザーやApple Watchユーザーは、駅の自動改札や買い物の際、PASMOを登録した端末をかざすだけで支払いができるようになりました。

また、Apple PayにPASMOを追加しておけば、PASMOへのチャージや定期券の購入なども簡単に行えます。

以前から交通系ICカードであるSuicaはiPhoneに対応していましたが、首都圏の私鉄各社のカードであるPASMOも利用できるようになったため、PASMOユーザーにとって利便性が向上しました。

なお、Apple PayでPASMOが利用できる端末は、以下の通りです。

  • iOS14を搭載したiPhone8以降
  • watchOS7を搭載したApple Watch Series3以降

\TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO(東急カード)の申し込み/

公式サイトはこちら

今なら新規入会14,100ポイントプレゼント

Apple PayでPASMOを利用するメリット!

Apple PayでPASMOを利用するメリット!

Apple PayでPASMOを利用する大きなメリットとして、キャッシュレスでのチャージや定期券購入ができる点です。

カード型のPASMOを利用する場合、券売機での操作や現金での支払いなどを行うことになりますが、Apple PayでPASMOを利用すれば、その手間が省けます。

券売機に列ができていて待ち時間が長いといった心配もなく、また、登録しているPASMOをオートチャージできるようにしておけば、チャージ残高が少なくなった時に自動的にチャージするため、チャージ忘れによる残高不足といったことも防ぐことができます。

Apple PayでPASMOを使うには?

Apple PayでPASMOを使うには?

Apple PayでPASMOを利用するには、iPhoneのWalletアプリに所有しているPASMOを移行する必要があります。

また、移行後は、定期券やチャージ残高などはそのままの状態なので安心してください。

Walletアプリへの移行方法

  • Walletアプリを起動させ、追加ボタンを選択
  • 「続ける」→「PASMO」と進み「お手持ちの交通系ICカードを追加」を選択
  • PASMOの裏面に記載されている「PASMO ID番号」の下4桁を「PASMO ID番号」欄に入力して「次へ」を選択
  • 利用条件を読み同意できれば「同意する」を選択
  • 諸規則に同意し、iPhone 上部をカード中央部の上にしばらく置いておく
  • 移行完了

なお、PASMO ID番号を入力する際、記名式PASMOやPASMO定期券は、生年月日を入力する必要があるので注意してください。

また、小児用PASMO、一体型PASMO、無記名PASMO、PASMO定期券通学定期券(18歳未満)など、一部のPASMOは移行できません。

時々、移行ができないという方がいますが、移行ができない原因としては以下のようなものが考えられます。

  • 改札内に入場したままで移行しようとしている
  • 登録した氏名・生年月日が一致していない

改札内に入場中に移行しようとしている方は、改札を出てから再度手続きしてみてください。

また入力間違いなど、シンプルなミスをしている可能性もあるため、入力はよく確認しながら行うようにしましょう。

PASMOを持っていない人でも利用できる

PASMOを持っていない方であっても、Wallet アプリもしくはPASMOアプリからPASMOをデジタル発行することができます。

iPhoneの場合

  • Walletアプリを起動させ、追加ボタンを選択
  • 「交通系ICカード」セクションの中から「PASMO」を選択
  • PASMOに入金したい金額を選択して「追加」を選択
  • 諸規則に同意し、選択した金額の支払いを承認しすれば完了

Apple Watchの場合

  • iPhoneでWatchアプリを起動させ、「マイウォッチ」→「WalletとApple Pay」と進む
  • 「カードを追加」→「PASMO」と進む
  • 入金したい金額を選択
  • 画面の案内にそって、Apple WatchでPASMOを新規作成
  • Apple Watchにカードが追加されている

PASMOの新規発行手続きはとても簡単なので、iPhoneやApple Watchを持っている方は、ぜひ試してみてください。

普段の生活の中で、PASMOの利便性がさらに向上します。

関連記事
東急カード「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」徹底ガイド!
東急カード「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」徹底ガイド!

続きを見る

東急カードはiPhoneで使える?

東急カードはiPhoneで使える?

東急カードに関しては、Apple Payに対応していないため、登録することができません。

そのため、Apple Payに東急カードを登録してPASMOのチャージ料金の支払いに利用することはできないので注意してください。

PASMOのチャージに東急カードを使いたい場合は、PASMOアプリを利用する必要があります。

また、Apple PayでPASMOを利用したい場合は、Apple Payに対応しているクレジットカードを用意しなければいけません。

東急カードをPASMOアプリで使う方法

東急カードをPASMOアプリで利用するには、以下の手順でカードを登録する必要があります。

  • PASMOアプリを起動させ「アカウント設定」を選択
  • 「アカウント設定」画面から「クレジットカード情報」を選択
  • 利用規約に同意し、内容に沿って必要な情報を入力
  • 登録完了

クレジットカードは2枚まで登録可能です。

ちなみに、PASMOオートチャージサービスを利用している方は、2020年8月26日(金)移行にモバイルPASMOへ新規登録をしていればそのままサービスを引き継ぐことができます。

東急カードをPASMOアプリで使用する際の注意点

東急カードは、PASMOアプリへの登録はできますが、使用する際にはいくつかの点に注意しなければいけません。

まず、PASMOアプリへはポイントを活用したチャージができません。また、PASMOアプリで東急線の定期券を購入しても定期券購入ポイントの対象外となります。

さらに、所有しているカード型のPASMOをPASMOアプリに移行すると、PASMO番号が変更になります。

番号の変更に伴い「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」を利用している方は、PASMO番号の登録変更を行う必要があります。

手順は以下の通りです。

  • 「TOKYU POINT Webサービス」へログイン 
  • 「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」を選択
  • 「会員情報の変更」からPASMO番号を変更

なお、変更を行わない場合は「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」のサービスが受けられなくなるため、注意が必要です。

\TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO(東急カード)の申し込み/

公式サイトはこちら

今なら新規入会14,100ポイントプレゼント

まとめ

今回は、Apple Payで利用できるようになったPASMOと東急カードの組み合わせについて解説しました。

残念ながら東急カードはApple Payに対応していないため、Apple PayにPASMOを移行して東急カードで支払いをする、といった使い方はできません。

そのため、東急カードを支払いに利用したい場合は、PASMOアプリを利用することになりますが、iPhoneユーザーの方にとってApple PayでPASMOを利用できるのは利便性が大きく向上します。

便利でお得になった東急カード「TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO」でキャッシュレスライフを活用してみてください!

-スマホ決済, 最新ニュース

© 2021 クレカタイムズ Powered by AFFINGER5