三井住友カード

三井住友カードと三井住友カード(NL)を比較!違いって何?

2021年9月13日

三井住友カードと三井住友カード(NL)を比較!違いって何?

新たに登場した、三井住友カード(NL)三井住友カードの違いってなんでしょうか。

三井住友カードにはグレードによって多くの券種がラインナップされています。

そこで、最もスタンダードで人気のある三井住友カード三井住友カード(NL)を比較していきます。

クレジットカードとは、ライフスタイルや利用目的にあったカード選びが最も大切になるので、ぜひ参考にご覧ください。

カードの基本スペック

各カードの基本スペックは以下のようになります。

 三井住友カード三井住友カード(NL)
 三井住友カード_カードデザイン三井住友カードナンバーレス
年会費1,375円(税込)永年無料
ポイント還元率0.5% ~ 2.5%0.5% ~ 5.0%
発行スピード最短即日発行最短即日発行
国際ブランドVISA / MastercardVISA / Mastercard
旅行傷害保険

国内:ー
海外:最高2,000万円

国内:ー
海外:最高2,000万円

ショッピング補償

国内:最高100万円(リボ払い/3回以上の分割のみ)
海外:最高100万円

国内:ー
海外:ー

申込対象18歳以上(高校生を除く)18歳以上(高校生を除く)

\ 公式サイト /

三井住友カード

\ 公式サイト /

三井住友カード(NL)

三井住友カードと三井住友カード(NL)の大きな違いは年会費還元率ショッピング補償になります。

カードデザインにも違いがあり、三井住友カード(NL)のカード表面には名前表記、カード裏面にはカード番号の印字の表記がないため、よりセキュリティーが強化されています。

では、還元率とショッピング補償について比較してきましょう。

ポイント還元率の比較

ポイント還元率の比較

三井住友カードと三井住友カード(NL)の還元率は大きく異なります。

セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルド

  • 三井住友カード:2.5%還元
  • 三井住友カード(NL):最大5%還元

コンビニ(セブン−イレブン・ファミリーマート・ローソン)やマクドナルドを利用した場合、圧倒的に三井住友カード(NL)がお得になります。

他社クレジットカードと比べても、コンビニ(セブン−イレブン・ファミリーマート・ローソン)やマクドナルドで、最大5%の還元率は驚異的です。

コンビニ(セブン−イレブン・ファミリーマート・ローソン)やマクドナルド利用頻度が高い方には、三井住友カード(NL)はおすすめの1枚となります。

その他店舗

他店舗では、どちらのクレジットカードも、0.5%還元となり、還元率に変わりはありません。

 

関連記事
住友カード(NL)しか勝たん!最大5%還元の魅力とメリットを解説
三井住友カード(NL)しか勝たん!最大5%還元の魅力とメリットを解説

続きを見る

 

ショッピング補償の比較

ショッピング補償の比較

ショッピング補償とは、クレジットカードで購入した商品が破損、盗難にあった際に損害を補償してくれる「お買物安心保険」になります。

三井住友カード(NL)には、ショッピング補償が付帯していません。

三井住友カードの、ショッピング補償は、特に海外で高額なものを購入する際に安心の補償となっています。

補償内容・保険金額

補償額は、年間100万円までとなってます。

補償期間中の保証金支払い額の限度額は、限度額内の範囲なら、何度でも利用できます。

対象となる利用方法

対象となるクレジットカード利用方法は、次のようになります。

  1. 海外での利用
  2. 国内リボ/3回以上の分割払い

国内利用の場合、一回払いは対象外になるので注意が必要です。

自己負担額

1事故につき、自己負担額は3,000円になります。

対象期間と補償期間

対象期間は、購入日および購入日の翌日から200日間。

また、補償期間は、毎年6月1日から翌年5月31日までの期間で、会員である期間に購入した商品が補償の対象になります。

保険金額

カード利用控あるいは購入店の領収書に記載された商品の購入金額(修理可能な場合は、修理金額か購入金額のどちらか低い金額)から自己負担額(3,000円)を控除した金額が補償されます。

補償対象となるようなケース

ショッピング補償には、以下のケースが当てはまります。

  • 破損事故
  • 盗難事故
  • 火災事故

\ 公式サイト /

三井住友カード

\ 公式サイト /

三井住友カード(NL)

 

関連記事
三井住友カードの特徴を徹底解説!券面デザインを一新、安心の一枚に!
三井住友カード徹底ガイド!新デザインの特徴は?Vポイントの活用法とは?

続きを見る

 

まとめ

三井住友カードと三井住友カード(NL)を比較しました。

コンビニ(セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート)やマクドナルドを頻繁に利用する方は、年会費無料でポイント還元率が高い三井住友カード(NL)がおすすめです。

年会費はかかりますが、旅行好きな方や大きな買い物ををする方は、補償が充実してる、三井住友カードがおすすめです。

三井住友カードは、三井住友カード(NL)に比べて還元率は劣りますが、クレジットカードしての還元率は決して低くはないです。

三井住友カードと三井住友カード(NL)で、迷っている方は、ライフスタイルや自身の価値観にあったクレジットカードを申し込んでみてください。

-三井住友カード

Copyright © クレカタイムズ , All Rights Reserved.