JCBカード

JCB CARD WとW plus Lの違いって何?疑問を解説

2020年4月22日

JCB CARD WとW plus Lの違いって何?疑問を解説

JCBカードには「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」があり審査基準やポイント還元率など基本スペックがまったく同じの二種類のクレジットカードがあります。

JCB CARD WとJCB CARD W plus Lは2017年に登場した比較的新しいクレジットカードです。ポイント還元率や付帯サービスの充実度など利便性の良さも相まって瞬く間に人気クレジットカードの仲間入りを果たしました。

そこで、JCB CARD Wを申込む時に抱く疑問「違いって何?」「どっちがお得なの?」などモヤモヤした問題を解決すべく「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」の違いを紐解いていきます。是非参考してみてください!

JCB CARD W / W plus Lの基本情報

JCBCARDWの年会費

JCB CARD Wの申込み基準は18歳以上39歳以下限定、申込み方法はWEBのみとネット・若者世代を対象にしたクレジットカードになっていますね。

基本情報は以下のようになります。

項目JCB CARD WJCB CARD W plus L
年会費永年無料永年無料
家族カード永年無料永年無料
申込み対象18歳以上39歳以下18歳以上39歳以下
旅行傷害保険海外:最高2,000万円
国内:ー
海外:最高2,000万円
国内:ー
ショッピングガード保険海外:最高100万円
国内:ー
海外:最高100万円
国内:ー
ポイントサービスOki DokiポイントOki Dokiポイント
Apple Pay
Google Pay
QUICPay
女性疾病保険
お守りリンダ

JCB CARD WとJCB CARD W plus Lの違いは保険サービスの付帯内容になります。

JCB CARD W plus Lには女性特有の疾病保険サポートの優待特典を受けることができるので女性の方は安心したサービスを選ぶことができます。

JCB CARD W plus Lのカードフェイスは実に可愛らしくエレガントなデザインで好感度も高いです。

両カードの申込み対象が18歳以上39歳以下の限定カードということで気になる疑問!39歳を過ぎるとどうなるの?ですよね。

39歳までに発行できていれば40歳以降も継続更新できるからご安心を!JCB CARD W・JCB CARD W plus Lを検討中の方は早めの申込みがおすすめですよ。

では、保険サービスの違いとはどのようなものなのか、JCB CARD W plus Lの女性限定特典やサービス内容を詳しく見ていきましょう!

関連

JCB CARD Wの詳しい情報は「JCB CARD W徹底ガイド!ポイント高還元率の最強カード」で解説しています。ぜひ参考にご覧ください!

女性疾病保険

女性疾病保険は、女性特有の疾病「乳がん」「子宮がん」「妊娠の合併症」などの病気で入院や手術をした際に通常の倍額の入院保険金、また手術保険金も上乗せしてくれる手厚いサポートをしてくれます。

また、女性特有の病気だけはなく、ほとんどの病気による入院・手術も補償してくるのも嬉しいポイント!もしもの時の入院や手術になっても安心できる保険補償になっていますね。

女性疾病保険は、JCB CARD W plus Lの本会員と家族カードの女性が加入できます。

女性疾病保険補償内容

補償内容補償金額
疾病入院保険金/日額3,000円
女性特定疾病入院保険金/日額3,000円
疾病手術保険金入院中30,000円
外来15,000円
女性特定疾病手術保険金入院中30,000円
外来15,000円

保険料(月額)

満年齢保険料(月額)
18歳~19歳290円
20歳~24歳290円
25歳~29歳540円
30歳~34歳670円
35歳~39歳710円
40歳~44歳740円
45歳~49歳890円
50歳~54歳1,040円
55歳~59歳1,430円
60歳~64歳1,860円
65歳~69歳2,780円

女性疾病保険は30歳位から保険加入した場合は、平均な保険金額は1500円〜2000円位が相場になります。

上記をご覧のようにJCB CARD W plus Lがお得な保険料になっていることがわかると思います。

JCB CARD W plus Lは年会費無料のクレジットカードですので、保険料を年会費と考えたとしてもお得と言えるのではないでしょか。

\JCB CARD Wの申し込み/

公式サイトはこちら

Amazonの利用でポイント10倍

お守りリンダ

お守りリンダ

女性向け保険「お守りリンダ」は4つのプランから自由に組み合わせて選ぶことができる安心の保険内容になっています。

プランA「女性特定がん」

乳がん・子宮がん・卵巣がんなど女性特有のがんと診断され手術を受けた場合に保険金50万円の補償が受けられます。

保険料(月額)

年齢保険料
20〜24歳30円
25〜29歳60円
30〜34歳110円
35〜39歳190円
40〜44歳340円
45〜49歳480円
50〜54歳600円
55〜59歳630円
60〜64歳560円
65〜69歳560円
70〜74歳520円
75〜79歳420円

対象年齢が20歳から79歳までと幅広く、20歳から24歳の方は保険金の月額が30円とかなりお得な掛け金になっていますね。

また、近年では乳がんの発症傾向は30代から増加が始まり、40歳後半から50歳前半でピークを迎えるといわれています。「女性特定がん」プランは30代から50代の方にとっても無理のない安心の掛け金になっているといえますね。

ブランB「天災限定傷害」

天災限定傷害保険は、地震、噴火、またはこれらによる津波で怪我をした場合の入院・手術時の費用を最高20万円まで保障してくれます。

保険料は月額60円の掛け金になり、保険内容は以下のようになります。

  • 入院保険金:5,000円(日額)
  • 手術保険金:5万円・10万円・20万円(種類により)

特に日本は地震大国です。いつ何時に地震に襲われるかわかりません。地震への危機感を持っている方も多いのではないでしょうか。天災限定傷害保険はもしもの時に安心できる保険です。

保険料も月額60円、年間で720円です。少ない負担で加入できる安心保険になっていますね。

プランC「犯罪被害補償」

女性の方が狙われやすい犯罪、ひったくり被害やストーカー行為、空き巣被害を受けた時の補償保険です。

  • ひったくり損害保険金:バッグなど持ち物(現金の場合は最高5万円)のひったくり被害を受けた際に支払限度50万円まで保険金が補償されます。
  • ストーカー行為対策費用保険金:ストーカー行為を受けた際に防犯機器等の購入費用を支払限度50万円まで保険金が補償されます。
  • 鍵取替え費用保険金(犯罪再発防止費用保険金):空き巣被害を受けた際に鍵交換の負担費用を支払限度3万円まで保険金が補償されます。

保険料は月額100円の掛け金になります。

近年ではATM利用後のひったくり被害が多発しており被害の約8割が女性というデータもあります。もっとも多いケースは夕暮れ時から深夜までの時間帯です。夜道は十分に注意したいところです。

被害を受けないための警戒心はもちろんのこと、万が一の被害に備えての保険として選択肢のひとつですね。

ブランD「傷害入院補償」

事故などによる怪我で入院した場合に入院補償として保険金が支払われます。

保険料は月額390円の掛け金となります。入院保険金は1回の入院につき180日(限度)までとなります。

  • 入院保険:5,000円(日額)

傷害入院補償は、日本国内はもちろんのこと海外でも怪我が原因で入院した場合に適用されるので安心して海外旅行を楽しめますね。

関連

ANAマイルを貯めるなら「ソラチカカード徹底ガイド!ANAマイルが貯まる激推しカード」で詳しく解説しています。ぜひご覧ください!

LINDAリーグ

LINDAリーグ

LINDAリーグとは、女性のキレイをサポートする様々な企業から提供される優待サービスになっているので、割引特典や抽選キャンペーンなど女性にとって魅力的な商品情報やプレゼントなど嬉しい特典がいっぱいですよ。

ビューティ

@cosme・ロクシタン・ネイルクイック・アクアレーベル

ファッション

BUYMA・ABISTE・MILLEPORTE

グルメ

スターバックス・一休.comレストラン・cookpad・ディアーズ・ブレイン

エンタメ

JCBトラベル・ソラシドエア・一休.com・ワタベウェディング・プリンスホテル・藤田観光・引越しは日通・カタール航空

ライフスタイルでの美容の悩み解消法やエンタメ情報、コラムやコラボ企画など嬉しい情報を会員限定コンテンツで配信しています。キレイな情報てんこ盛りですよ!

抽選プレゼントでは、航空券や映画鑑賞券など優待企業の豪華な商品が用意されています。毎月変わる優待情報やプレゼント情報も見逃せませんね!

\JCB CARD Wの申し込み/

公式サイトはこちら

Amazonの利用でポイント10倍

JCB CARD WとJCB CARD W plus Lの違い まとめ

JCB CARD W plus Lは女性に優しいサービス満載なクレジットカードになっています。

女性の方には、格安で加入できる女性向け保険やLINDAリーグのお得な最新情報、プレゼントキャンペーンなどが利用できるJCB CARD W plus Lが断然おすすめです。

特に「保険やLINDAリーグにメリットを感じないかなー」って方は、基本スペックが変わらないJCB CARD WとJCB CARD W plus Lのカードデザインの好みで決めるのも良いでしょうね。

年会費無料でポイント還元率が高く抜群の利便性を発揮するJCB CARD WとJCB CARD W plus Lはメインカードとしてもおすすめできるクレジットカードです。

-JCBカード

© 2020 クレカタイムズ