三井住友カード

三井住友カード プラチナプリファード徹底ガイド!ポイント特化型の実力は?

三井住友カード プラチナプリファード徹底ガイド!ポイント特化型の実力は?

ポイントに特化したプレミアムカード「三井住友カード プラチナプリファード」が誕生!

三井住友カード プラチナプリファードは、コロナ禍で進むキャッシュレス化の中「サービスはシンプル、リワードはリッチに」をコンセプトに、需要が高まるポイントサービスを強化した特別な一枚になっています。

高級感あるシンプルなカードデザインが秀逸!セキュリティ面も抜群で安心・信頼できるVISAブランドだからこそのステータスを体感できます。

三井住友カードの中でも唯一カード券面に「MITSUI SUMITOMO CARD」の会社名が記載されていなのも大きな特徴です。

今回はクールに登場した、ポイント特化型プラチナカード「三井住友カード プラチナプリファード」をご紹介します。

三井住友カード プラチナプリファード基本スペック

三井住友カード プラチナプリファード基本スペック

年会費33,000万円(税込)
国際ブランドVISA
家族カード無料
ETCカード初年度無料
前年度に利用がない場合は500円(税抜)
発行スピード最短3営業日
海外旅行傷害保険最高5,000万円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
ショッピング補償最高500万円
電子マネーApple Pay・Google Pay
ポイントサービスVポイント

三井住友カードには、三井住友カード ゴールド、三井住友カード プラチナが存在、三井住友カード プラチナプリファードは中間位置に属するプチプラチナカードとして登場。

\三井住友カード プラチナプリファードの申し込み/

公式サイトはこちら

圧倒的ポイント還元率のステータスカード

年会費

三井住友カード プラチナプリファードの年会費は、30,000円(税抜)です。

プラチナのステータスカードともなると、さすがに年会費は高めに設定されています。

ステータスカードの年会費は高額ですが、高額なりのサービスを受けることができるので、目的、使い方次第で年会費以上の価値を生み出せます。

家族カード

家族カードは年会費無料で発行できます。

プラチナカードを年会費無料で手にできるのは嬉しいメリットです。

家族間でポイントを貯めることにより、ポイントの貯まるスピードが驚くほど上がります。

三井住友カード プラチナプリファードの審査

三井住友カード プラチナプリファードの審査

審査基準

三井住友カード プラチナプリファードは、原則20歳以上の安定継続収入のある方から申し込みできます。

三井住友カード ゴールド、三井住友カード プラチナは、満30歳以上からの申し込みになるので、三井住友カード プラチナプリファードは、若い世代の方でも持てる唯一のステータスカードです。

審査期間

審査から発行まで最短3営業日です。

大きな買い物や海外旅行などクレジットカードが急ぎで必要な時も、迅速な審査期間で安心して申し込むことができます。

関連

スタンダードカード「三井住友カード徹底ガイド!新デザインの特徴は?Vポイントの活用法とは?」で解説しています。ぜひ参考にご覧ください!

三井住友カード プラチナプリファードのポイント還元

三井住友カード プラチナプリファードのポイント還元

年会費以上の価値をリワードで!リワードとはポイントシステムのことを指します。

三井住友カード プラチナプリファードはポイント特化型クレジットカードと謳っているだけありポイント還元が非常に優れています。

ポイント還元率と特典


  • 通常ポイント

    ポイント還元率1%、通常のショッピング利用金額100円=1ポイント


  • プリフォードストア(特約店)

    特約店の利用で、ポイント還元率+1%〜9%相当


  • 外資ショッピング利用

    海外の利用で、ポイント還元率+2%相当


  • 新規入会&利用特典

    入会月の3ヶ月後末までに40万円以上の利用で40,000ポイントプレゼント


  • 継続特典

    毎年、前年100万円の利用ごとに10,000ポイントプレゼント(最大40,000ポイント)


新規入会&利用特典は、入会月の3ヶ月後末までに40万円以上の利用と一見ハードルが高そうに思えますが、メインカードとして普段の生活費や携帯料金、光熱費などをまとめることで十分にクリアできる金額です。

40万円をクリアすることで、40,000ポイントのプレゼントがもらえるので、3万円の年会費よりも多い+10,000ポイントを獲得できることになります。

継続ポイントでは、毎年100万円の利用で10,000ポイントがプレゼントされます。つまり300万円の利用で年会費分のポイントが貰えることになるのです。

年間300万円の利用は少しハードルが高いですが、100万円ならメインカードして利用することで可能な設定金額ではないでしょうか。

また、通常の還元率も1%と高還元になっているため、いつもの買い物でポイントが格段に貯まりやすいのもプラチナプリファードのメリットです。

さらにプリファードストア(特約店)の利用でポイントアップが可能になります。

プリファードストア(特約店)

特約店追加ポイント
宿泊予約サイト 
一休.com+6%
エクスペディア+9%
Hotels.com+9%
交通 
ANA+1%
ETC+1%
JapanTaxi+4%
百貨店 
大丸松坂屋+2%
阪急百貨店+2%
阪神百貨店+2%
コンビニエンスストア 
セブンイレブン+2%
ファミリーマート+2%
ローソン+2%
カフェ・ファーストフード 
ドトールコーヒー+1%
プロント+1%
マクドナルド+2%
モスバーガー+1%
すき家+1%

上記以外にもスーパーマーケットやドラッグストアなど多くの特約店で利用できます。

ポイント交換先

貯まったポイントはマイルや他社ポイントなど様々な交換先が揃っていますが、還元レートが低いものあるので注意が必要です。

レートの良い交換先をピックアップします。

  • iD:1pt=1円
  • 楽天ポイント:1pt=1pt
  • dポイント:1pt=1pt
  • auポイント:1pt=1pt
  • Amazonギフト券:1pt=1円分
  • iTunesギフトコード:1pt=1円分
  • Google Payギフトコード:1pt=1円分

ANAマイレージは1ポイント=0.6マイルに移行できます。

500ポイントで300マイルに交換できるので還元率は1.20%と陸マイラーにとっては、それほど悪くないレートとなっています。

また、獲得したVポイントの有効期限は4年間と長いため、余裕を持って計画的に利用できます。

\三井住友カード プラチナプリファードの申し込み/

公式サイトはこちら

圧倒的ポイント還元率のステータスカード

三井住友カード プラチナプリファードの旅行傷害保険

三井住友カード プラチナプリファードの旅行傷害保険

海外・国内旅行傷害保険

海外・国内旅行傷害保険の、傷害死亡・後遺障害保険は自動付帯分と利用付帯分による補償内容ですが、その他の補償項目はカード決済に関わらず自動付帯で補償されます。

補償項目海外保険国内保険
傷害死亡・後遺障害自動付帯:1,000万円
利用付帯:4,000万円
合計:最高5,000万円
自動付帯:1,000万円
利用付帯:4,000万円
合計:最高5,000万円
傷害治療費用300万円【1事故の限度額】
疾病治療費用300万円【1疾病の限度額】
賠償責任5,000万円【1事故の限度額】
携行品傷害50万円【自己負担1事故3,000円】
救援者費用500万円【1年間の限度額】

国内旅行傷害保険は、自動付帯で入院保険日当5,000円、通院保険日当2,000円、手術保険金最高20万円が補償されます。

海外旅行傷害保険において最も重要な病気やケガ、盗難被害などの補償項目、傷害治療・疾病治療・携行品損害が自動付帯で手厚く補償されるのはステータスカードの強みです。

家族特約(海外旅行傷害保険)

三井住友カード プラチナプリファードには、本会員と生計を共にする19歳未満の親族も自動付帯で補償対象となります。

補償項目保険金額
傷害死亡・後遺障害最高1,000万円
傷害治療費用200万円【1事故の限度額】
疾病治療費用200万円【1疾病の限度額】
賠償責任(免責なし)2,000万円【1事故の限度額】
救援者費用50万円【自己負担1事故3,000円】
携行品損害200万円【1年間の限度額】

未成年の補償も充実しているので、海外旅行時の保険は安心です。

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済

三井住友カード プラチナプリファードには、キャッシュレス決済に必要な「カード&モバイル」のスマート決済機能が揃っています。

Apple Pay

iPhoneやApple Watchに三井住友カード プラチナプリファードを設定するとApple Payが利用できるようになります。

交通機関・店舗・アプリ内・ウェブ上で利用できる端末

  • iPhone7以降
  • Apple Watch series2以降

アプリ内・ウェブ上で利用できる端末

  • iPhone6シリーズ・iPhone SE(第1世代)
  • Apple Watch(第1世代)(アプリ内のみ)
  • Touch ID・Face IDを搭載しているiPadモデル
  • 2012年以降発売のMacモデル(ウェブ上のみ)

ウェブ上で簡単に支払いができるほか、コンビニなど実店舗では「iD」としてスピーディーで安全に利用できます。

Google Pay

Android端末にクレジットカードを設定することでGoogle Payを「iD」として利用できるようになります。

Google Payに対応したデバイス

  • Android 5.0以降
  • Felica搭載端末
  • おサフケータイアプリ6.1.5以降

強固なセキュリティで安心、安全にキャッシュレス決済できます。

Visaのタッチ決済

Visaのタッチ決済は、国際標準のセキュリティ認証技術を活用した世界基準のキャッシュレス決済方法です。

サインも暗証番号も不要、店頭のレジにある非接触対応のリーダーにかざすだけ!簡単かつ安全に支払うことができます。

Visaのタッチ決済はQRコード決済のように煩わしい登録やチャージも不要、クレジットカード1枚で簡潔できる点が最大のメリットです。

世界中の人たちが集まる東京オリンピックに向けてVisaのタッチ決済は今後主流になることでしょう。

関連

ポイント還元率で話題の「Visa LINE Payクレジットカード徹底ガイド!ポイントもチャージもガチ得?」で解説しています。ぜひ参考にご覧ください!

付帯サービス

付帯サービス

コンシェルジュサービス

Visaが提供するVisaプラチナ・コンシェルジュ・センター(VPCC)を利用できます。

国内空港ラウンジ

国内の主要空港とハワイホノルル空港内のラウンジを無料で利用できます。

三井住友カード プラチナプリファードよくある質問

締め日と支払い日はいつ?

15日締め10日払い、月末締め翌月26日払いの支払い方法を選択できます。

プラチナプリファードでMastercardブランドは発行できる?

発行できません。Visaのみです。

プラチナプリファードへ切替え時の入会特典は対象?

対象です。※過去に本カードを保持し本特典を付与された方は対象外となります。

\三井住友カード プラチナプリファードの申し込み/

公式サイトはこちら

圧倒的ポイント還元率のステータスカード

三井住友カード プラチナプリファードまとめ

20歳以上から申し込めるポイント特化型の新プラチナカードは、新しい生活様式にマッチしたスマートなステータスカードといえます。

ゴールドカードの年会費が11,000円、プラチナカードの年会費が55,000円、プラチナプリファードの年会費は33,000円とクレジットカードの中では高額ではありますが、年間200万円以上を利用する若い世代の方にはおすすめのクレジットカードです。

逆に言えば、サブカードとして利用額が低くなる方にはおすすめしできません。

プレミアムカードの風格が漂っている高級感あるカードデザインとポイント重視の方は、三井住友カード プラチナプリファードで少し贅沢なクレジットカードライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

-三井住友カード

Copyright © CrecaTimes , All Rights Reserved.