JCBカード

ANA JCBカード徹底ガイド!ANAマイルを貯める鉄板カードはコレ

2020年5月9日

ANA JCBカードの特徴を徹底解説!マイルがどんどん貯まるお得なカード

ANAマイルが貯まりやすい「ANA JCBカード」は、年会費初年度無料で利用できる便利なカードで、毎日の買い物が一気に便利になり、カードを使う楽しみも生まれますよ。

ANA JCBカードには、プレミアム、ワイドゴールドなど様々な種類がありますが、今回はスタンダードタイプである一般カードについて、その特徴を詳しく解説します。

使えば使うほどお得なクレジットカード「ANA JCBカード」を、とことん使い尽くしましょう。

まずは、ANA JCBカードの基本情報について解説します。年会費、審査基準など、申し込む前にしっかりと押さえておきましょう。

ANA JCBカード基本スペック

ANA JCBカードの年会費

年会費(初年度)無料
年会費(2年目以降)2,200円(税込)
国際ブランドJCB
家族カード1,100円(税込)
本会員が無料の場合は無料
ETCカード無料
発行スピード最短3営業日
海外旅行傷害保険あり
国内旅行傷害保険
電子マネー楽天Edy・QUICPay・ApplePay
ポイントサービスOkiDokiポイント・ANAマイル

\ANA JCBカードの申し込み/

公式サイトはこちら

マイルプレゼント中

ANA JCBカードの年会費

ANA JCBカードの年会費

ANA JCBカードの年会費は、本会員で2,200円(税込)となっています。

ただし初年度は無料になり、家族会員も無料となりますよ。(家族会員は1,100円(税込)で本会員が年会費無料の場合)

年会費永年無料のクレジットカードも少なくないため、他社のカードと比較すると年会費に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、その分サービスや特典が充実しているので、使い方次第で年会費の存在も気にならなくなるほどです。

ANA JCBカードでは、ETCカードを作ることもできます。

年会費は無料なので車を利用する機会の多い人は作っておくと便利です。ちなみに、ETCカードを単体で持つことはできません。

\ANA JCBカードの申し込み/

公式サイトはこちら

マイルプレゼント中

ANA JCBカードの審査基準

ANA JCBカードの申し込み条件は、18歳以上(学生不可)で本人か配偶者に安定した収入があることとなっています。

また、本会員と生計を共にしている配偶者、親、高校生を除く18歳以上の子供なら、家族会員になることができます。

条件の上では、専業主婦(夫)や大学生でも申し込みができるため、審査基準が高すぎるということはないでしょう。

関連

JCBカード1番人気!39歳以下限定の「JCB CARD W徹底ガイド!ポイント高還元率の最強カード」も、ぜひ参考にご覧ください! [

ANA JCBカードの審査期間

ANA JCBカードの審査期間

審査は最短で3営業日で終わりカードが発送されます。申し込みからカードが届くまでの大まかな流れは以下の通りです。

  1. ANA JCBカードを申し込む
  2. 引き落とし口座を設定する
  3. 審査・発行手続き後に発送
  4. カードが手元に届く

なお、3営業日はあくまでもカードが審査を経て、発送されるまでの時間です。

実際に手元に届くまでには郵送の日数が加わるため、申し込みから1週間程度かかります。

また、申し込み方法によってはさらに時間がかかるため注意してくださいね。

申込み方法

ANA JCBカードの申し込み方法はインターネットと郵送の2パターンから選べます。

インターネット経由の申し込み手順は以下の通りになりますよ。

  1. 申し込みページで申込手続きを行う
  2. 本人確認方法を設定する
  3. 入会審査・カード発送
  4. カードが手元に届く

インターネットの場合、いつでも申し込みができるのが大きな特徴ですね。

一方の郵送による申し込みは以下の手順で行われます。

  1. インターネットで入会申込書請求をする
  2. 申込書が手元に届く
  3. 必要事項を記入し、必要書類と共に返送する
  4. カード会社に到着後4週間程度でカードが送付される

郵送の場合かなり時間がかかるため、特別な理由がない限りは、インターネットから申し込みすることがおすすめですね。

\ANA JCBカードの申し込み/

公式サイトはこちら

マイルプレゼント中

キャッシュレス決済に対応

ANA JCBカードは「楽天Edy」「Apple Pay」「Google Pay」を利用することができます。

スマートフォンや専用カードをピッとかざすだけで簡単に買い物ができるため、忙しい時や現金を持ち合わせていない時などにも大活躍してくれますよ。

楽天Edy

楽天Edyとは、タッチするだけで支払いができる、楽天グループが提供する電子マネーです。

支払いはプリペイドとなっており、コンビニのレジやクレジットカードを使ってチャージすることができます。

楽天Edyは加盟店のみで使えますが、コンビニやスーパーなど幅広い店舗が加盟店となっているので、日常生活での様々な場面で活躍してくれるはずです。

Apple Pay

Apple Payは、iPhone、Apple Watch、iPadなどのWalletアプリにANA JCBカードを登録することで支払いができるサービスです。

iPhoneやApple Watchでそのまま支払いができるため、わざわざ財布からカードを取り出す手間がかからないので、スピーディーに決済できます。

支払いでApple Payを使用するときは、会計の際に店員さんに一言「QUICPayでお願いします」と伝えるだけでOKですよ。

なお、Apple Payが使える端末は以下の通りです。

  • Touch IDまたはFace IDを搭載したiPhone、iPa((iPhone 5s を除く)
  • Apple Watch Series1及び2以降
  • Apple Watch (第1世代)
  • Touch IDを搭載したMac
  • 2012 年以降に発売された Mac(Apple Payが有効になっているiPhoneかApple Watch が必要)

Google Pay

Google Payは、Googleが提供する支払いサービスで、Android端末などで利用できます。

Apple Pay同様、幅広いお店や交通機関などで利用できる便利なサービスですよ。

なお、Google Payが使える端末は以下の通りです。

  • Android5.0以降かつFeliCaを搭載した端末で、おサイフケータイ アプリ6.1.5以上

QUICPay

QUICPay(クイックペイ)は、電子マネーを使った支払い方法です。クレジットカードを連携させることで、キャッシュレスでの決済が可能になります。

また、利用した金額はANA JCBカードと一緒に後日支払うポストペイ型のシステムになっているので、事前にチャージをしたりチャージ不足になったりする心配事がありませんよ。

ちなみに、ANA JCBカードの場合、QUICPayとANAスキップサービス機能、さらにnanaco機能という3役を備えた「ANA QUICPay+nanaco」に申し込むことができます。

こちらは、飛行機の翼の形をした可愛らしいフォルムが特徴で、キーホルダー型となっています。同じQUICPayでも他の人との違いが出せる点が魅力的ですね。

関連

JCBのスタンダードプロパーカード「JCB一般カード徹底ガイド!ポイントが貯まるスタンダードカード」もぜひ参考にご覧ください! 

ANA JCBカードの海外旅行傷害保険

ANA JCBカードの海外旅行傷害保険

ANA JCBカードには、海外旅行傷害保険が付帯しています。

こちらは、死亡・後遺障害の場合、最高で1,000万円が支払われます。なお、国内旅行傷害保険は付帯していないので注意してください。

また、航空機搭乗中の事故に伴う怪我などが対象となる国内航空傷害保険が、最高1,000万円まで補償してもらえます。

さらに海外のみですが、ショッピングカート保険も最大で100万円まで補償対象になっているので安心してショッピングができますね。

一方で、航空機の遅延や帰宅荷物遅延・紛失に対する保険は付帯していないため、必要に応じて別途保険を用意する必要があります。

\ANA JCBカードの申し込み/

公式サイトはこちら

マイルプレゼント中

ANAマイルが貯まる

ANA JCBカードは、航空会社であるANAが提携しているカードということもあり、ANAマイルを効率よく貯められるのが強みです。

まず、入会時には入会ボーナスマイルとして1,000マイル、さらにカードの継続時には継続ボーナスマイルとして1,000マイルが付与されます。

また、ANA便に搭乗すると通常のフライトマイルに加え、搭乗ボーナスマイルが+10%分付与されます。

そのほかにも、ANA航空券の購入にカードを利用すると100円につき1.5マイルが貯まるほか、日々の買い物を通してもマイルが貯まるなど、カードを使えば使うほどマイルを貯めることが可能なんです。

ANA JCBカードを選ぶ理由としてマイルの還元率が最大の特徴といえるので、ANAマイラーにとってANA JCBカードが最良な選択肢のひとつになりますね。

関連

ANAマイラーにおすすめ「ソラチカカード徹底ガイド!ANAマイルが貯まる激推しカード」で詳しく解説しています。ぜひ参考にご覧ください!

JCBカード Oki Dokiポイント

JCBカード Oki Dokiポイント

ANA JCBカードでは、JCBが展開するポイントプログラムである「Oki Dokiポイントプログラム」の利用も可能です。

こちらのプログラムでは、ANA JCBカードの1ヶ月の利用金額1,000円(税込)ごとに1ポイントが貯まる仕組みになっています。

ちなみに1回の支払いは1,000円未満でも1ヶ月の利用分を合算してポイントに換算しているので、普段からコツコツとカードを利用することで、たくさんのポイントを貯めることができますよ。

地味に見えますがポイントが合算されるのはお得で嬉しいシステムですね。

なお、ポイントの有効期限は一般カードが獲得月より24ヶ月(2年)となっているので有効期限内に使い切るようにしましょう。

ANA JCBカードのポイント還元率

Oki Dokiポイントの還元率は、だいたい0.4%〜0.6%とされています。

これは1,000円(税込)=1ポイントで、1ポイントが4〜6円程度の価値を持っているためです。

また、後述しますが、Oki Dokiポイントはマイルにも交換可能で、1ポイントは5マイルか10マイルに交換できるので、マイルに交換する場合の還元率は0.5%か1.0%となりますよ。

Oki Dokiポイントの使い道

Oki Dokiポイントの使い道

Oki Dokiポイントの用途は、マイルや商品、各社のポイントとの交換、寄付など多岐に渡ります。そこで、続いてはポイントの使い道について解説します。

他社のポイントサービスへの移行

Oki Dokiポイントは、JCBが提携している他のポイントサービスに移行することができますよ。

移行可能なポイントは以下の通りです。

  • nanacoポイント
  • dポイント
  • au WALLET ポイント
  • ビックポイント
  • ビックネットポイント
  • ベルメゾン・ポイント
  • ジョーシンポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • セシールスマイルポイント
  • 楽天Edy
  • スターバックス カード チャージ
  • Tポイント
  • WAONポイント
  • Pontaポイント

など、普段の生活でも利用しやすいポイントサービスに移行できるのは、大きな強みですね。

ANA マイルへの移行

Oki Dokiポイントを使えば、ANAマイルに移行することも可能です。

マイルへの移行にあたっては、「マイル自動移行コース」か「マルチポイントコース」のどちらかを選ぶことになります。

マイル自動移行コースとは、獲得したポイントが毎月自動的にマイルに移行されるコースです。

また、マルチポイントコースは獲得したポイントを好きなタイミングでマイルに移行できるコースになります。

どちらのコースも、ポイントの移行レートは5マイルか10マイルとなっていて、10マイルの場合、移行手数料として5,500円/年(税込)が発生します。

各コースの概要をまとめると以下の表のようになります。

 移行レート移行手数料
マイル自動移行コース1ポイントで10マイル5,500円/年(税込)
1ポイントで5マイル無料
マイル自動移行コース1ポイントで10マイル5,500円/年(税込)
1ポイントで5マイル無料

移行手数料こそかかりますが、10マイルに交換する方が還元率は高くなるので、マイルに移行するポイントをたくさん持っている場合、手数料を支払うだけの価値は十分にあるでしょう。

一方で、ポイントが少ない人やマイルにあまり移行しない人は、無料での移行をおすすめします。

マルチポイントコースを利用する場合、マイルへの移行にはインターネットか電話からの申し込みが必要になります。

実際にマイルに移行されるのは申し込みから1週間後となるのですぐにマイルを使いたい場合は、時間に余裕を持って手続きを行うようにしてくださいね。

ちなみに、Oki Dokiポイントには、通常のポイントとは異なる各種条件を満たすことで付与される「ボーナスポイント」というポイントがあります。

このボーナスポイントもANAマイルに移行できるのですが、1ポイントで3マイルとの交換となり、レートが異なるので注意してくださいね。

ANA SKY コインへ移行

ANA SKY コインとは、ANAのWebサイトで航空券や旅行商品を購入した際の支払いに利用できる電子クーポンです。

Oki Dokiポイント1ポイントで3コイン(3円分相当)と交換可能です。なお、移行手数料は発生しません。

商品券

Oki Dokiポイントは、百貨店、商業施設、家具・家電販売店、宿泊施設、スーパー、ホームセンター、スポーツ用品店、遊園地などで利用可能な商品券と交換することもできます。

交換は対象店舗にある「Oki Dokiポイント即時交換サービス機」にカードを入れて案内に沿って操作を行うだけなの簡単操作で、交換してすぐに商品券を使うことができるの利便性に優れていますね。

日常的に利用している対象店舗があればお得に活用できるので無駄なくポイントを使うことができますよ。

支払い金額に充当

Oki DokiポイントをANA JCBカードの支払いに充当することもできます。少しでも毎月の支払いを安く抑えたい人におすすめの利用方法ですね。

Oki Doki Shopping

「Oki Doki Shopping」は、Oki DokiポイントをAmazonでの買い物に利用できる便利なサービスです。

Amazon内では、1ポイント単位で利用できるので、料金のうち端数分だけをポイントで支払う、余ったポイントを使い切るといった利用方法も可能になります。

ちなみに、AmazonにおけるOki Dokiポイントは、1ポイントは3.5円分の価値を持っています。

ポイントの交換などは一切不要なので即座にポイントを使えるのが強みですね。

利用にあたっては登録こそ必要ですが、費用はかからないのでAmazonユーザーはぜひ登録してみてください。

JCBギフトカードに交換する

以下の表の通り、Oki Dokiポイントを使って、ポイント数に応じたJCBのギフトカードと交換することができます。

ギフトカード必要なポイント
1,000円分(WEBのみ)350
2,000円分(WEBのみ)650
5,000円分1,050
10,000円分2,050
15,000円分3,050
20,000円分4,050
25,000円分5,050
30,000円分6,050
35000円分7,050
40,000円分8,050
45,000円分9,050
50,000円分10,050

申し込みは、インターネット、電話、郵送から可能です。

インターネットの申込み手順は以下の通りです。

  • MyJCBにログイン
  • 「ポイント・キャンペーン」→「商品番号から選ぶ」
  • 商品番号を入力

また、電話の場合は以下の電話番号から申し込みができます。

  • 0120-409-3090
  • 570-00-3331(スマートフォン・携帯電話の場合、有料)
  • 受付時間:24時間年中無休(自動音声)

郵送の場合は申込用紙をインターネットからダウンロード、もしくはインターネット経由で申込用紙を請求し、必要事項を記入して送付します。

JCBプレモカード・JCBプレモデジタルへのチャージ

JCBプレモカード・JCBプレモデジタルとは、コンビニやファーストフード店、百貨店、家電量販店、オンラインショッピングなど様々なお店で利用できるギフトカードです。

カードは、チャージ式となっているため、チャージして何度も利用することができます。そして、このJCBプレモカード・JCBプレモデジタルへのチャージに、Oki Dokiポイントが使えますよ。

JCB独自の電子マネーと捉えてもらえれば分かりやすいですね。

JCBトラベルの旅行代金に充当

ポイントを使えば、JCBトラベルの旅行商品を購入することもできます。

対象となるのは、海外旅行・国内旅行のパッケージツアーのほか、宿泊施設、国際便の航空券などで、1ポイントを4円分として利用可能です。

例えば10万円の旅行代金に5,000ポイントを使えば、8万円になる計算ですね。

なお、代金の充当は、旅行代金の支払い時に差し引かれるのではなく、後日キャッシュバックされる形になります。

また利用する際は、JCBトラベルデスクに電話で申し込む必要があるので注意してください。

  • 0120-409-309
  • 受付時間:24時間年中無休(自動音声)

電話の際は手元にクレジットカードを用意してくださいね。

寄付する

「ポイントは貯まるけど特に使いたいものがない」という人も、中にはいるのではないでしょうか。

そのような人には、各種団体への寄付はいかがでしょうか。Oki Dokiポイントを使えば、以下の団体へ寄付することができます。

  • 公益財団法人 日本ユニセフ協会
  • 公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟
  • WWFジャパン(公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン)
  • 日本赤十字社
  • 特定非営利活動法人 国連UNHCR協会
  • 国連WFP
  • 特定非営利活動法人 国境なき医師団日本
  • Present Tree(認定NPO法人 環境リレーションズ研究所)
  • 公益社団法人 日本臓器移植ネットワーク
  • 京都大学 iPS細胞研究所

ぜひ、用途の1つとして覚えておくのも良いでしょうね。

様々な商品と交換する

Oki Dokiポイントは、商品との交換に利用することもできます。家電やグルメ、リゾート施設、美容などなど選択肢も豊富ですよ。

\ANA JCBカードの申し込み/

公式サイトはこちら

マイルプレゼント中

ANA PiTaPaカードが作れる

ANA PiTaPaカードが作れる

ANA JCBカードでは、IC決済サービスである「PiTaPaカード」のANAカード会員限定バージョン「ANA PiTaPaカード」を作ることができます。

PiTaPaは電車やバス、お店での決済など、1枚で様々な支払いができる便利なカードで、支払いは後払いとなっているので、チャージ不要で済む点も嬉しいポイントですね。

さらに、支払いによって「ショップdeポイント」が付与され、こちらのポイントは電車やバスなどの支払いに利用できるほか、マイルに移行することもできます。

そのため、ANA JCBカードと合わせてどんどんマイルを貯めることも可能ですよ。

ちなみに、本会員だけでなく、家族会員でもANA PiTaPaカードの発行が可能になっています。

優待割引が受けられる

ANA JCBカードを所有しているだけで、以下のような様々な優待割引が適用されます。

  • 空港内免税店で5%割引
  • 高島屋SHILLA&ANAで5%割引
  • 空港内店舗「ANA FESTA」で割引
  • 成田空港でのパーキング割引
  • 「ANAショッピング A-style」で5%割引
  • ANAビジネスソリューション公開講座の受講料15%割引

など、空港関連の施設で割引が多いため、出張や旅行などで空港を利用する機会の多い方は、旅のお供にANA JCBカードを携帯しておくことをおすすめします。

ANA JCBカード利用時の注意点

最後に、ANA JCBカードの注意点を挙げておきます。それは、海外で利用する際にお店によっては使えないことある点です。

JCBはVISAやMastercardといった国際ブランドに比べると、海外での加盟店の数は多くなく、国内では問題なく使えても、海外だと使えないケースも珍しくありません。

もし海外に行く場合は、ANA JCBカードに加えて、他の国際ブランドのクレジットカードもあわせて持って行くと安心ですよ。

\ANA JCBカードの申し込み/

公式サイトはこちら

マイルプレゼント中

ANA JCBカードのまとめ

ANA JCBカードは、マイルがお得に貯まる便利なカードです。

また、Oki Dokiポイントも商品やマイルとの交換、各種ポイントサービスへの移行など用途が幅広いのも大きな特徴ですね。

QUICPay、楽天Edy、Apple Pay、Google Payなど各種キャッシュレス決済にも対応しているので急いでいる時でもスムーズな支払いが可能になります。

入会条件自体は厳しくないので、クレジットカードを初めて作ろうとしている人、2枚目を作りたい人、さらにはANAを利用する機会が多いANAマイラーの方はぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

ANAマイルを貯めるのに最適なクレジットカードになっていますよ!

-JCBカード

© 2020 クレカタイムズ