最新ニュース

マイナポイントとは?登録方法から使い方まで完全網羅!

2020年8月6日

マイナポイントとは?登録方法から使い方まで完全網羅!

2020年の9月より「マイナポイント」というマイナンバーカードを活用したサービスが開始されます。また、それに先駆けすでに2020年の7月から事前申し込みが開始されています。

「キャッシュレス決済ってもうお得ではないのかな?」と思った方も多いかもしれませんが、2020年9月から2021年3月末までの期間で25%もの還元が受けられる「マイナポイント事業」がスタートしたから大丈夫!

そこで今回は、マイナポイントについて、その概要から具体的な利用の手順まで詳しく解説します。まだまだ申し込みはできるので、ぜひ参考にしてくださいね!

マイナポイントとは?

マイナポイントとは?

マイナポイントとは、マイナンバーカードの普及を促進することを目的として実施される、国の消費活性化策の1つです。

なぜ、消費活性化に繋がるのかというと、このマイナポイントでは、キャッシュレス決済を利用する必要があるからです。つまり、マイナンバーカードの普及促進とともに、キャッシュレス決済の普及と利用も促進し、消費を活性化させるのがこの施策ということになりますね。

施策の内容

では、どのようにしてマイナンバーカードとキャッシュレス決済の普及と利用を促進するのでしょうか。

簡単にいうと、マイナンバーカードを利用してマイナポイントの予約・申し込みを行い、その際、特定のキャッシュレス決済サービスを選んで、利用すると利用金額に応じてマイナポイントがもらえるという仕組みです。

このマイナポイントは買い物などで使用することができます。つまり、ポイントを獲得するためにマイナンバーカードとキャッシュレス決済が必要になるので、それぞれの普及が促進されるというわけですね。

マイナポイントではいくらもらえるの?

マイナポイントではいくらもらえるの?

結局のところ気になるのどれほどお得なの?ですよね。

マイナポイントは、キャッシュレス決済で20,000円分の買い物もしくはチャージをすると最大で5,000円分のマイナポイントが付与されます。

還元率は25%で、4人家族がそれぞれ25%の還元を受ければ20,000円分のマイナポイントが貯まることになります。

これお得だと思いませんか?20,000円分のマイナポイントがあれば、ちょっとした贅沢を楽しむこともできちゃいますね。

また、マイナポイントは利用料金などは一切かからないので、マイナンバーカードの取得とキャッシュレス決済を選ぶだけ!で、これだけのポイントがもらえるのはかなりお得です。

関連

上乗せキャンペーンでさらにおトク「マイナポイントはd払いで決まり!最大8500円分のチャンスも。」で解説しています。ぜひ参考にご覧ください!

マイナポイントの期間は?

マイナポイントの期間は?

マイナポイントは2020年9月〜2021年3月末まで、合計で7ヶ月間に渡って実施されます。

2020年7月からはすでにマイナポイントの利用申し込みはスタートしていますが、マイナポイントの付与対象となる買い物は2020年9月以降に決済されたものになります。

そのため、7月や8月の買い物・チャージはポイント付与の対象外となるので注意してくださいね。

対象のキャッシュレス決済サービスは?

対象のキャッシュレス決済サービスは?

マイナポイントの対象となるキャッシュレス決済は、大きく分けると以下のようになります。

  • 電子マネー(ICカード)
  • QRコード決済
  • クレジットカード
  • デビットカード

上記のサービスは様々な会社から展開されているため、その種類は100以上になります。

なので、普段利用しているキャッシュレス決済がマイナポイントの対象になっている可能性が十分にありますね。

具体的な対象サービスはマイナポイントの公式ページより確認できるので、チェックしてみてくださいね。

マイナンバーカードの取得方法

マイナポイントの流れ

では、マイナポイントを実際に発行、利用するまでの流れについて解説します。

利用までには大きく分けて以下の3段階になります。

  • マイナンバーカードの取得
  • マイナポイントの予約・申込
  • マイナポイントをゲット

それぞれについて確認していきましょう。

マイナンバーカードの取得

マイナポイントを利用するためには、マインナンバーカードを取得していることが大前提となります。

なので、もしまだ持っていない人は、これを機に作成しましょう。すでに持っている人は、ここの段階は不要なので、次の段階に進んでください。

マイナンバーは交付申請から実際に交付されるまでには1ヶ月ほどかかります。マイナポイント自体は2021年まで続くので、時間に余裕はありますが、それでも早めに作っておくことをおすすめします。

なお、交付申請方法はいくつかあるので、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

スマートフォンによる申請

  • スマートフォンの付属カメラで顔写真を撮影する
  • 交付申請書に記載されているQRコードを読み込んでWebサイトにアクセスする
  • 画面の案内に従って必要な情報を入力し、撮影した顔写真を添付して送信する

以上で交付申請は終了です。

パソコンによる申請

  • デジタルカメラなどで顔写真を撮影して、パソコンに保存する
  • マイナンバーカード交付申請用のWebサイトにアクセスする
  • 画面の案内に従って必要な情報を入力し、撮影した顔写真を添付して送信する

以上で交付申請は終了です。

街中の証明写真機からの申請

  • タッチパネルで「個人番号カード申請」を選択する
  • 証明写真を撮影するためのお金を入れる
  • 交付申請書に記載されているQRコードをバーコードリーダーにかざす
  • 画面の案内に従って必要な情報を入力し、顔写真を撮影して送信する

証明写真機での申請は、申請ができる写真機が限られているので注意してくださいね。

郵便による申請

郵便申請の場合、交付申請書に記名、押印のうえ顔写真を貼り付け封筒に入れてポストに投函するだけです。

もし交付申請書を持っていない場合は以下の2つの方法で申請しましょう!

マイナンバーカードの交付申請をするには「交付申請書」と呼ばれる書類が必要です。

基本的にはすでに所有している人がほとんどだと思いますが、万が一紛失している場合など、以下の方法で交付申請書を取得することができます。

  • 市区町村の窓口で交付申請書を交付してもらう
  • 手書き用の交付申請書および封筒をダウンロードする

手書き用の交付申請書と封筒はマイナンバーカードの総合サイトよりダウンロード可能です。もしこの方法を利用する場合、申し込み方法は郵送申請となります。

マイナポイントには利用者証明用電子証明書が必要

マイナポイントの利用手続きにあたっては、マイナンバーカードの他に、利用者証明用電子証明書が必要になります。

電子証明書には有効期限が設定されているので、期限が切れていないか確認するようにしましょう。

もし有効期限が切れていたとしても、市区町村の窓口で電子証明書の発行は行なってもらえるので安心してください。発行にあたって手数料もかかりません。

マイナポイントの予約方法

マイナポイントの予約方法

マインナンバーカードが入手できたら、マイナポイントの予約をしましょう。

マイナポイントの予約をすると「マイキーID」と呼ばれるIDが発行され、マイナポイントをもらう権利を得ることができます。

また、マイナポイントの予約はスマートフォンもしくはパソコン、支援端末のいずれかで簡単にできますよ。

スマートフォンで予約

スマートフォンから申し込む場合、事前に以下のものを用意する必要があります。

  • マイナンバーカードと4桁のパスワード
  • マイナンバーカードの読み取りができるスマートフォン
  • 「マイナポイント」アプリ

アプリに関しては、iPhoneならAppleStore、AndroidならGooglePlayからインストールできます。

また、スマートフォンはケースから取り外した状態で利用するようにしましょう。ケースがついているとカードの読み取りができないことがありますよ。

全ての準備ができたら、以下の手順で申込を行います。

  • マイナポイントアプリを起動させ「マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)」をタップする
  • マイナンバーカードの上にスマートフォンをセットする
  • スマートフォンをそのままの状態にして4桁のパスワードを入力する
  • 予約完了!

簡単ですよね!スマートフォンからなら、すぐに予約ができます。

パソコンで予約

パソコンの場合は、事前に以下のものを用意するようにしましょう。

  • マイナンバーカードと4桁のパスワード
  • 申請に利用するパソコン
    (Microsoft Windows7, 8.1, 10がインストールされているOSで、なおかつInternet Explorer11がインストールされていること)
  • マイナンバーカード読取りができるICカードリーダライタ
  • 「マイキーID作成・登録準備ソフト」のインストール

パソコンの場合、予約ができるのはWindows端末のみになります。Macでは利用できないので注意してくださいね。

では、準備ができたら、以下の手順で予約を行いましょう。

  • 総務省の「マイナポイント予約・申込サイト」にアクセスする
  • 「マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)」を選択する
  • ICカードリーダライタでマイナンバーカードを読取理、4桁のパスワードを入力する
  • 予約完了!

ICカードリーダライタが必要になるなど、スマートフォンに比べると少し手間はかかりますが、スマートフォンを持っていない方は、こちらの方法で申し込んでみてください。

支援端末の利用

スマートフォンやパソコンでの予約がうまくできない場合、全国各地に設置されている支援端末を利用して予約することができます。

端末は約9万箇所にあり、マイナポイントの専用サイトから検索可能なので、自分の住んでいる地域の近くにある端末を探して利用してくださいね。

上記いずれかの方法で、予約が完了したら、あとは選択したキャッシュレス決済で買い物やチャージをするだけ!です。

期限は先述の通り2020年9月~2021年3月末までとなっているので、お得に上手にポイントをゲットしましょう!

マイナポイントはどこで使えるの?

マイナポイントはどこで使えるの?

マイナポイントは、選択したキャッシュレス決済が対応しているお店であればどこでも利用できます。

なので、コンビニでの買い物やレストランでの支払い、旅行代金の充当などにも使えますよ。一方で、事前に指定したキャッシュレス決済以外では、マイナポイントは利用できないので、カード選びは慎重に行うようにしましょう。

マイナポイントでお得な決済サービスは?

マイナポイントでお得な決済サービスは?

マイナポイントは上限5,000円ですが、各決済サービスでプラス分がもらえる上乗せキャンペーンも実施されているので紹介します。

PayPay

マイナポイントで登録した方を対象に抽選で最大100万円相当のPayPayボーナスが当たるキャンペーン!

dカード・d払い

dカード・d払いをマイナポイントに登録すると、500円分のdポイントをプレゼント!

d払いを登録すると1,500円分のdポイントプレゼントに加えて、d払いへのチャージまたはお買い物で、さらに5%還元(最大1,000円分)の最大2,500円分の還元!

メルペイ

メルペイをマイナポイントに登録すると「メルカリでのお買い物」を対象に5%(上限1,000円分)のポイントが還元される追加キャンペーン!

WAON

WAONをマイナポイントに登録すると、2020年9月からのチャージ分の10%(上限2,000円)が追加で還元されるキャンペーン!

三井住友カード

マイナポイントへの登録者から抽選で100名に10,000円分のポイントがプレゼントされるキャンペーン!

上記以外の決済サービスでもキャンペーンが実施されているので、気になる決済サービスの情報をチェックしてみてくださいね。

関連

ドコモユーザー以外の方にもおすすめ「dカードのd払いとiDのお得な使い方!ポイントが貯まる活用法とは?」で解説しています。ぜひ参考にご覧ください!

\dカードの申し込み/

公式サイトはこちら

マイナポイントはd払いがおトク

マイナポイントの関する疑問

では、最後に、マイナポイントに関する疑問点について解説します。

子供のマイナポイントについて

15歳未満の子供のマイナポイントに関しては法定代理人(親権者)が予約をすることで可能です。

ただし、ポイントが付与されるのは法定代理人名義のキャッシュレス決済サービスに対してとなります。

さらに、法定代理人本人分のマイナポイントが付与されるものとは異なるキャッシュレス決済サービスを選ばなければいけません。

買い物の際のマイナンバーカードについて

マイナポイントはマイナンバーカードを利用する施策ということもあり、中には「買い物の際もマイナンバーカードが必要?」と思っている方もいるでしょう。

この点に関しては、買い物の際は、マイナンバーカードを持っていなくても問題ありません。マイナンバーカードは、あくまでもマイナポイントの予約を行う際に必要となるものです。

マイナポイントと自治体ポイントの違いは?

マイナポイントと似たものに「自治体ポイント」というポイントがあるのをご存知ですか?

どちらのサービスも国や自治体によって行われているものですが、内容自体は異なります。

自治体ポイントは利用できるのが各自治体に限られており、商店街での買い物や地場産品の購入など、その自治体を活性化させるために利用さています。

一方で、マイナポイントはマイナンバーカードおよびキャッシュレス決済の利用促進を目的としており、ポイントの用途は特に限られていなのです。

関連

マイナポイントで最大7,000WAONもらえる「イオンカードセレクト徹底ガイド!知って得するお得な使い方は?」が、おすすめです。ぜひ参考にご覧ください!

\イオンカードの申し込み/

公式サイトはこちら

マイナポイントはWAONがおトク

まとめ

今回は、マイナポイントについて、登録方法から使い方などについて詳しく解説しました。いかがでしたか?

普段利用しているキャッシュレスの決算サービスを登録して使うだけなので難しく考えることもないですね。

登録する手間はかかりますが、とってもお得なサービスになっているのでぜひ活用しましょう!

マイナンバーカードは本人確認書類としても利用できる便利なものです。まだ持っていない人は、ぜひこのタイミングで申請し、合わせてマイナポイントを利用してみてください。

-最新ニュース

© 2020 クレカタイムズ